スマホ三昧

スマホ関連のスレをまとめてます。

【洒落にならないほど怖い話】幽霊を見る方法・ピチガイオカン・非常階段【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】幽霊を見る方法「おまえが霊を見たいなら、確実に見れる方法を教えてやろうか?」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

俺が高2の時に体験した話をする。

俺は小学生の頃から怖い話が好きで、そのテの本やテレビの特番やなんかは必ず見ていた。
高校に入っても、クラスの好き者と集まってはよく怪談話をしていた。霊を見たいと思っていた。

ある日、教室で弁当を食いながら、いつもの連中K(リーダー格)やD、Sなんかと怪談話をやっていると、
同級生のYが何気に仲間に加わってきた。
その時は女の子もいて「キャー、キャー」やってたから、Yも一緒に騒ぎたくなったのだろうと思った。
するとYは、「おい、K。おまえ、幽霊見たことあるのか?」と聞いてきた。
Kは「ないよ。見ようとしていろんなことやったり、行ったりしたけどな」と答えた。
「おまえが霊を見たいなら、確実に見れる方法を教えてやろうか?」

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】ピチガイオカン「当時、神戸市垂水区にあった公務員宿舎に、俺の家族は住んでいました。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

自分の記憶と兄から聞いた話、それに友達からの情報、
それらを元にした話なので、完全に真実の話ともいえないかもしれませんが、
結構怖いと思った話なので、書き込ませていただきます。

始まりは、俺が小学校低学年の頃までさかのぼります。
当時、神戸市垂水区にあった(今も在るかは知りません)公務員宿舎に、俺の家族は住んでいました。
外観は古いタイプの団地って感じで、全部で十棟くらいあったと思います。
一つの棟には三つ階段があって五階建て。ウチは五号棟の真ん中の階段の五階でした。
話の元となる家族が住んでいたのは、向かって右側の階段の四階、号室までは覚えていません。
そこは両親と一人っ子の長男の三人家族。父親は公務員で母親は専業主婦、長男は浪人生。
この母親と長男の関係が、はじめの悲劇を生みました。

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】非常階段「エレベーターのボタンをいくら押しても、エレベーターが上がってこないのです。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

数年前、職場で体験した出来事です。

そのころ僕の職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。
普通では考えられない発注ミスや工場での人身事故があいつぎ、クレーム処理に追われていました。
朝出社して夜中に退社するまで、電話に向かって頭を下げつづける日々です。
当然僕だけでなく、他の同僚のストレスも溜まりまくっていました。

その日も事務所のカギを閉めて廊下に出たときには、午前三時を回っていました。
O所長とN係長、二人の同僚と僕をあわせて五人です。
みな疲労で青ざめた顔をして、黙りこくっていました。
ところが、その日はさらに気を滅入らせるような出来事が待っていました。
廊下のエレベーターのボタンをいくら押しても、エレベーターが上がってこないのです。
なんでも、その夜だけエレベーターのメンテナンスのために通電が止められたらしく、
ビル管理会社の手違いで、その通知がうちの事務所にだけ来ていなかったのでした。
これには僕も含めて全員が切れました。ドアを叩く、蹴る、怒鳴り声をあげる。
まったく大人らしからぬ狼藉のあとでみんなさらに疲弊してしまい、同僚のSなど床に座りこむ始末でした。

「しょうがない、非常階段から、下りよう」
O所長が、やがて意を決したように口を開きました。

 

youtu.be

【洒落にならないほど怖い話】卵の中・後悔・今神様やってるのよ【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】卵の中「去年、この近くであった事件、覚えてますか?」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

知り合いの警察関係者に聞いた話です。
去年、この近くであったバラバラ〇人事件、覚えてますか?
若い女性の部屋で、男のバラバラ〇体が見つかったってやつ。その話です。
ああ、別にスプラッタな話しようってわけじゃありません。状況はそうですけど(笑)
その女性、仮に英子さんとしておきます。男の人は一樹さんということで話進めますね。

2人はそれぞれの母親が幼なじみだったので、やっぱり幼なじみってことになりますかね。
小中高と学校が同じで、高校1年の時、一樹さんの友人の坂木さんと彼女がつきあいはじめました。

そうして3人そろって同じ大学に進学して、その半年目に坂木さんが亡くなりました。
デート中にダムに落ちたんです。
2人きりの時で目撃者がいなかったんですが、それは結局事故として扱われました。
英子さんがショックでかなり精神的にやられてしまって、事情聴取とかできなかったせいもあったようですけど。

彼女は家から1歩も出なくなって、大学も退学。
風呂とかトイレとか食事とか、最低限の日常生活に支障はないけど、
会話は成り立たないし、無理に何かさせようとすると大声をあげて暴れ出したりする。
父親は病院にかかることを許さず、それでいて英子さんのいる2階へは近づこうとしない。
出歩かないせいか太って体格の良くなっていく英子さんに、母親の手だけでは負えない時が出てきて、
一樹さんが世話を手伝うようになったんです。

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】後悔「I君がボロボロな木箱を取り出して見せました。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

今日ここで、私が9年前から苦しめられつづけている、後悔と恐怖の記憶を、
この話を見た人に、ほんの少しづつ持っていってもらえればいいなと思い、ここにこうして書かしてもらいます。
実際になにかが憑くわけではありませんが、そう記述する事で、私自身の記憶の影がほんの少しだけ明るくなるので・・・。

9年前の体験、それは私は某保険会社に入社し、3年目に突入した矢先の出来事でした。
私は係長になり、4人の部下が居て、その中の3人(I君T君Yさん)は一週に2回、欠かさず飲みに行くくらいの仲でした。
残りの一人はこの物語には関係無いので省略させてもらいます。

その日も私達は4人で行き付けの居酒屋で食べた後、割り勘で支払いを済ませ帰る途中でした。
いきなりI君が、りんご一個がちょうど入るくらいの大きさの、見るからにぼろぼろな木箱を取り出して見せました。
それは変なしかけのある箱で、
以前流行ったルービックキューブのように、色(木目)がきちんと合うようにそろえると開く、と言う箱でした。

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】今神様やってるのよ「幼馴染は久しぶりの会話で妙なことを言い出した…。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

うちの母方の実家が熊本県にあるんですけど、
ずっと実家に住んでいる母のお姉さんが、先日遊びにきました。
ちょうど『ターミネーター2』がやっていて、皆で見ていたんです。
その中のシーンで、核が落ちた瞬間かなんかの想像のシーンで、遊んでいた子供達が焼けちゃうシーンありましたよね。
あれ見ながら、「瞬間で皮とかもズルっといっちゃうんだね、コエ~」とか話していたら、
おばちゃんがテレビ見ながらさりげなく、とんでもないことを言い出しました。


おばちゃんの長女がこの前双子を生みました。
すごく華奢な娘さんだったんで、すごい難産だったそうです。
2ヶ月前から入院して、もう母体も危ないので、予定よりも早く帝王切開で生んだそうです。
今でこそ母子ともに元気ですが、そのころおばちゃんは初孫と言うこともあって、心配で心配で夜も眠れなかったそうです。

ある日、病院から帰って家にいると、電話がかかって来ました。相手は幼馴染でした。

 

youtu.be

【洒落にならないほど怖い話】しのうかさん・温泉・2人の少女【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】しのうかさん「僕の地元、高知県には『しのうかさん』という都市伝説があります。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

僕の地元(高知県)に『しのうかさん』という都市伝説のようなものがあって、
詳細は良く知らないんですが、名前だけは子供の頃から聞いていました。
浦戸大橋の近くにある民家の話だったと思いますが、知ってる人がいたらフォロー願います。
これは場所が違うので別の『しのうかさん』のようです。
前振りが長くなりましたが弟の体験談です。

弟が中学生のころに、同い年のSと一つ上のT先輩に連れられて肝試しに行った。
バイク仲間の間で有名なスポットで、『しのうかさん』という場所(?)らしい。伊野町の方だそうです。

で、夜中3人でそこへ行くと、寂れた民家があって、有刺鉄線が巻かれ『キケン』とか書かれた看板がある。
中に入ると電気も通ってないので懐中電灯をつけて、居間っぽい畳敷きの部屋に座りこんだ。
T先輩だけ一度来たことがあって、弟とSは何があるのかも知らなかった。

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】温泉「ゆっくりと優しい時間が過ぎて行くはずが…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

母と娘が旅行に行った。
娘はもうすぐ嫁ぐ身、最後の母子水入らず。
ありきたりの温泉宿で、特徴は海に面した・・・それだけ。

部屋に通されるとやる事がない。
駅から続く温泉街の土産物屋はだいたい覗いて来たし、夕食までにはまだ時間があった。
そこで二人はお風呂に行く事にした。
「この先の廊下を行くとあります。今でしたら丁度、夕日が綺麗ですよ」
女中さんはそう言って、忙しそうに戻って行った。

言われた通りに進むと、一本の長い廊下に出た。左右にはバーや土産物屋が並んでいた。
そこを通り過ぎて行くと、廊下は右に曲がっていた。
その正面には『男湯』『女湯』の暖簾が。
中から音は聞こえない。ふたりで満喫出来そうだ。

支度を済ませ浴場に入ってみると、案の定誰もいない。
「うわー、素敵ねぇ」
娘は感嘆の声を挙げた。
正面は全面開口の窓、窓に沿って長方形の湯船。
その窓の外には夕日に光る一面の海。
二人は早速湯船に入った。

娘は湯船の右奥が仕切られているのに気付いた。1メートル四方程の小さなもの。

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】2人の少女「DQNグループが肝試しに行くことにしました」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

俺が19歳の頃の話です。
高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、
気が向いたら日雇いのバイトなどをして、ブラブラしていました。
その頃の遊び仲間は、高校の時の友人グループがいくつかあり、
その日も、その内のひとつのグループの奴の家に集まり、だらだらと遊んでいました。
そのグループの連中は、地元では結構有名な悪い奴らの集まりでした。
俺はケンカも弱いし、バイクも持っていなかったけど、
そのグループのリーダーが幼馴染で、家も超近かったため、たまに遊んでいました。

 

youtu.be

【洒落にならないほど怖い話】声魂・戻れない肝試し・満月【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】声魂「その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりに行っていました。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

私本人が体験した話です。

今からちょうど10年前、私がまだ大学生だった頃のことです。
当時、私には一つ年下の彼女がいました。
彼女は霊感の強い子で、それまでにもさまざまな体験をしていました。
妙な音を聞く、街中でおかしな人影を見る、金縛りにもよくあっていたようです。
特に嫌な場所(彼女が言うには、空気がよどんでいるらしい)の側に行くだけで、頭が痛くなるほどでした。

その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりに行っていました。
場所は渋谷区笹塚にあるワンルームマンションで、
甲州街道を渡り、商店街を抜けて左に折れて、しばらく行った所にある白い建物です。
わずか4畳半ほどの狭い部屋で、入り口を入ると左側にキッチン、右側にはユニットバスという、よくある間取りです。
部屋には窓が二つありました。
一つはバルコニーに面した大きな窓、
そしてもう一つ、問題の小さな窓が左側の壁面、エアコンの真下に、ちょうど人の胸の高さのところにありました。

 

youtu.be

 

 

 

【ゆっくり怪談】戻れない肝試し「高校生の男女各4人が肝試しのつもりが…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

この話は実際に新聞に載ったという前ふりで聞いた話ですが、
私は実際にその新聞を見ていないし何年前かも分からないので、
話を怖くさせるスパイスだと思って聞いてください。

ある高校生の男女各4人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。
夜もふけてきた所で、肝試しに行くことになりました。
でも本当の目的はむしろ、男女ペアになって行くという事のほうが楽しみだったので、
場所は安直に彼らの通う高校に行くことにしたそうです。

 

youtu.be

 

【ゆっくり怪談】満月「母は社長の夢を見ました…。」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

私の母のお話ですが…。

5年程前。父の会社の取引相手の会社で母が働いていました。
そこの社長は時々ものすごく気が荒くなり、「その書類に目を通してくださいね」と言うだけでも激怒し、
回りに当り散らして、物を投げたりする事もありました。

ある時。母が『今日も社長の機嫌が悪かったな』と思いながら帰ると、その日は満月でした。
翌月もその翌月もそんな事があり、満月になると機嫌が悪くなる事に気が付きました。
そのうち、『明日は満月だから会社行きたくないな』と思うようになったようです。

 

youtu.be

【洒落にならないほど怖い話】白い服の女の子・入れ替わった友人・幽霊船【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】白い服の女の子「当時、大型バイクをかっ飛ばしていた…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。
その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。
そこで、道の左端をすり抜けて進みました。
それなりに運転技術もありましたし、どうなってもいいやという部分があったので、
危険だと知りながら、それなりのスピードが出ていました。

そして、渋滞している車が途切れている所へ来た時に、
対向車線からファミレスに右折する車に、右側から当てられたのです。
車も急いで右折してスピードがあった為、かなりの衝撃でした。

 

youtu.be

 

 

【ゆっくり怪談】入れ替わった友人「仕事の都合で台湾に住んでいると、友人が訪ねてきたのだが…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

俺は今、仕事の都合で台湾に住んでる。
宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。
そういう時の話。

今年の2月の初めの週に、渡部(仮名)が遊びに来た。(と俺は思っている。まぁ読んでみて)
その前の週からメールで連絡を取り合い、日本を出る前日に確認で電話もした。
奴は金曜日の午後7時に、台北に着くフライトで来た。
退社後迎えに行き、その日は食事してクラブで飲んで、まあ所謂、海外赴任者の週末の典型を一緒に過ごしたわけだ。
奴は初めての海外ということもあり、大人のくせにハシャいじゃってすごく楽しかった。
奴は高校からの付き合いでたった一人の親友だから、久々に会えてホントに楽しかった。

 

youtu.be

 

 

【ゆっくり怪談】幽霊船「曾祖父が鹿児島県のとある離島で幽霊船に遭遇した話」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。
曾祖父が亡くなる数カ月前。どうしたことか、親戚を集めて色々な話をきかせてくれたのです。

幽霊船ってお話御存じですか?
私の実家は鹿児島県のとある離島なんです。
凄く田舎で、さらに曾祖父の時代ですから、電気とかもまだちゃんと通ってなかったような頃の話です。

ある日、曾祖父は知合いと漁に出たんです。嵐になりそうな日だったらしいです。
魚って、嵐の前とかって海でじっとしてるから、釣れやすいんですよ。
それで、どんどん釣れるので、どんどん沖に出て漁をしていたらしいのです。
知合いの船とはとっくに離れてしまって、もう見えなくなっていたみたいです。

そうしたら、急に風が強くなってきて海が荒れてきて、かなりやばい状態になったそうです。

 

youtu.be

【洒落にならないほど怖い話】雨の音・吊り橋・車に乗った白い霊【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】雨の音「心霊トンネルで、まさか・・・」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

その晩は雨が強く降っていた。
現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。
その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。
『恐い場所だ』という、先行イメージのせいもあるだろうが。

しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進め、トンネルに進入開始。
こういう体験は初めてなので、ワクワクするような妙な高揚感を感じる。
友人達もいい年して遊園地の乗り物を前にした子供のような表情で、目を輝かせていた。
それほど寂れた場所ではないとは思うのだが、後続の車は来なかった。
なのでスピードをかなり落として進んだ。何かが起こる事を期待しながら。

 

youtu.be

 

 

【ゆっくり怪談】吊り橋「バイト先の友人6人と、中国地方某県某所の吊り橋にドライブに行った時の事…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

この話は実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。
友人も、実際に人が二人死に、警察にしつこく尋問されたそうです。
これは私が大学時代に、友人から聞いた話なのですが・・・。

彼がバイト先の友人6人とある日、中国地方某県某所の吊り橋にドライブに行った時の事です。
その日、彼らは車2台に分乗し出かけたそうです。

彼は後ろの車のドライバーでした。
前の車には、バイト先の店長と、彼らのグループ内で公認の、そして親さえ公認のカップルが、
後ろの車には、残りの彼を含む4人が乗り込んでいました。

朝から出発したにも関わらず、途中でいろいろ寄り道をしたおかげで、
目的地の吊り橋に到着したのは、もうすっかり日も陰った夕闇時だったそうです。
山の中の深い谷に架かる吊り橋。
吊り橋が近づくと小雨が降り出し、うっすらと霧もでてきたそうです。
吊り橋の手前は広場になっており、晴れていればそこに車を止め、歩いて吊り橋を渡り、帰ってくるはずでした。
(吊り橋の向こうは当時から行き止まりになっており、この吊り橋は観光用に残されたものらしいです)
ところが広場まで来ると、前の車が急停止したそうです。

 

youtu.be

 

 

【ゆっくり怪談】車に乗った白い霊「彼女が運転席で「誰かを乗せてしまったみたい…」と言いいだした…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

私が学生の時に実際に経験した話です。

その当時つき合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。
弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマンドリンの音が聞こえてくるのです。
すると、「あー、またあの子が弾いている」と、彼女もお母さんも当たり前のことのように言うのです。
そのころ私は頻繁に奇妙な夢を見ていました。
彼女に似た丸い顔をした男の子が、十字架に掛かっているという夢でした。
その話をすると彼女は、
「弟は白血病で死んだので、薬の副作用で顔が丸くなっていた。それは私の弟だ」と言って泣くのです。

そのうち、夜になると私の家でも何かが侵入してくるような気配が感じられるようになり、
彼女にお札(フダ)をもらって、部屋の四隅に張ったりしていました。
でもまだ若かったせいか、そういうことも別段異常なことだとは思わずに日々を過ごしていました。

 

youtu.be

 

【洒落にならないほど怖い話】きっくいさん・テープレコーダー・トイレでの密室〇人【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

【ゆっくり怪談】きっくいさん「やっかい箪笥の正体とは…」

 

小学校低学年の頃。
子供の頃の記憶がハッキリしている自分にしては、おぼろげな記憶なので、
一部夢と混ざっているのではないかと思いつつ、なるべくハッキリしているところを。

病弱な姉は、多少元気にはなったものの虚弱だったため、
夏休みの間は、虚弱児のための病院施設のようなところに、親と一緒に通っていた。
その期間、やんちゃで遊びたい盛りの自分は、母方の実家に預けられていた。

ある夏、そこに祖父母の親戚という人が来て、「うちに泊まりにおいで」と言われ、
物怖じしない性分の自分は、あっさりとついて行った。
その人たちは、父母よりちょっと年上の40~50代の人達だった。

 

youtu.be

 

 

【ゆっくり怪談】テープレコーダー「遺留品のテープレコーダーに何者かの声が…」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

 

ある男が一人で登山に出かけたまま行方不明になった。
3年後。湿地帯でその男の遺骨が発見され、遺留品も回収されたが、そのなかにはテープレコーダーがあった。
テープには大声で助けを求める男の声が録音されていた。
男はどうやら何か怪我をして、動けなくなったらしかった。
テープのことはマスコミにも公表されたが、遺族も警察関係者も公表をひかえていた部分があった。
そのテープには、助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。
何かに非常におびえた男の声だった。
どうやら夜に何かが起こっているようだった。
男は必死にテープにむかって口述している。

 

youtu.be

 

 

【ゆっくり怪談】トイレでの密室〇人「ある4人家族が、とある地方の旅館に宿泊・・・」【怖い話・洒落怖・怪談朗読】

 

ある4人家族が、とある地方の旅館に宿泊。
深夜に娘か母親が、トイレで惨殺されているのが発見された。
全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなるほど斬り付けられていた。〇体には舌がなかった。
トイレには格子のついた幅30cm・高さ10cm程の窓と、小さな通風孔があったが、とても人の入れる大きさではない。
カギもかけられていた。誰がどこから侵入してきたのか・・・。

警察はその旅館を経営している夫婦、その息子、近辺の変質者などを聴取したが、
現場が密室だったこともあり、迷宮入りになるかと思われた。

 

youtu.be